加工方法

加工方法のご紹介
(こちらはオプション加工でご選択いただけます。)

ピアス孔加工(× ×)

フダ(FUDA)のピアス穴加工は、丸ではございません。×  ×印の切り込み加工となります。
×  ×印のピアス穴加工は、3mm の線のクロスの切込みになり、安定感は抜群です。

カスタムオーダーご希望の方は、各台紙の大きさに合わせて位置の確認をお願いしています。
※位置は 上部/中央部/下部から、× ×の間隔は、30mm幅、25mm幅、20mm幅 からご選択いただけます。

※ピアス孔は若干の位置のズレが生じる場合がございますが、台紙のデザインやロゴに影響がない程度ですので予めご了承ください。
※よく1mm の丸穴加工でご要望いただきますが、フダでは承っておりません。
(ただし、抜型を作製いただければ、抜型代15,000~20,000円でご案内をさせていただきます。)


切込み加工(- -)

切り込み加工は、イヤリング・アクセサリーを装着する際に重宝します。
(はさみやカッターで加工していただくことも可能ですが、部数が多くなるほど手間ですよね。)
お客様に代わりまして、当店が切込加工を行います。


角丸加工

画像のとおり、角を丸くする加工です。
角丸の部分を“ R ” といいます。
フダでは、3R と5R の2種類のR をご用意。
3R のほうが角丸が小さく、5R のほうが角丸が大きいです。


丸孔加工


ブランドタグや下げ札を作成いただく際、紐を通す孔が丸穴となります。
フダでは丸穴加工を、各種サイズで承っております。
丸孔のサイズは、3mm /4mm /5mm / 6mm からお選びいただけます。


抜型(オリジナルトムソン版)


抜型(トムソン版)とは、オリジナルの型を作成し、好きなカタチに紙を抜くことができます。
(画像は、タンブラー型の抜型です。)
オリジナルの型となりますので、別途、抜型代が約20,000~30,000円かかります。
※抜型代は、版代同様、初回のみに含まれる金額です。再注文の際にはいただきません。