アクセサリー台紙で使いたい!おすすめの紙の種類

ハンドメイド作家さんのみなさま。
箔押し印刷を専門に、アクセサリー台紙を作成しているFUDA(フダ)です。

アクセサリー台紙を作るときに重要なのが、紙質です。
せっかくステキな作品なのに、取り付けられている台紙がペラペラなものでは、台無しです。

台紙作成をする際に大切なことは、ずばり紙の厚み

一般的な紙質・・・というと、営業さんが持ち歩くような白の紙です。
あの紙は約160kgといわれる紙です。
なぜその紙の厚みが主流になっているかというと、一般的な印刷機の機械に通る厚みが180kg程度だからです。
厚みがると詰まってしまうため、あの厚みが限界ということですね。

しかし。アクセサリー台紙を取り付ける台紙が160kgや180kgの紙では、
紙が、アクセサリーの強度に耐えられず、クネっ。と曲がってしまいます。

せっかく取り付けたアクセサリーの見栄えも悪くなってしまいますよね・・・。

FUDA(フダ)では、厳選した美しい厚紙の特殊紙をご用意しています。
どれも個性的でステキな紙たちばかりです。
厚みもしっかりあるので、曲がることなどありません。
さらに印刷は、一枚一枚を手押しで加工している箔押し印刷です。
白は白の紙でも、紙の表面や風合いがひとつひとつ異なってきます。

今回は、フダで使われている紙についてご紹介します。

 

FUDA(フダ)で使われている台紙の紙の種類

ディープマット紙

シックなカラーが特長的なディープマット紙
手触り感があるナチュラルな表面
そしてやや硬めでしっかりとした印象の紙質
どんなデザインとも相性が良い紙で ダーク系のカラーはつや消し金が人気
ホワイトはオフホワイト=少しだけ生成りの印象

紙の色 ブラック/ミストグレー/インディゴ/クリーム/ホワイト/スコールグレー/アッシュ
さらに詳しく見たい方はこちら

ケンラン紙

すべすべした印象の紙さわりのケンラン紙
さわやかな印象で、ホワイト/ミルキー/ナチュラルなど
ホワイト系の紙色が充実
シールを貼ったり剥がしたりする際に、跡が残りにくいのが特長

紙の色 紙の色 ブラック/ホワイト/ミルキー/もも/みず(グリーン)/ナチュラル(ミルキーよりも黄色味が濃いです)
さらに詳しく見たい方はこちら

スタードリーム紙

紙の表面に全体的にキラキラとラメ感がある美しい高級紙
特別感や、高級感を演出したい方にオススメの紙
人気の紙色は「クォーツ」 綺麗系のアクセサリーおすすめ
金箔との相性が最高

紙の色 ブロンズ/ナイトブルー/アクアマリン/クォーツ/クリスタル/コーラル
さらに詳しく見たい方はこちら

クッション紙

真っ白でふかふか 優しい雰囲気ながらしっかり厚めの紙
ピアス孔などの加工が自分でしやすく、ハンドメイド作家の皆様より人気
厚みが0.6mmあるので、箔押しの際は、やや凹み感のある加工をお楽しみいただけます
箔押しだけでなく、空押し加工+箔押し(2ヶ所加工)などもおすすめ

紙の色 ホワイト
さらに詳しく見たい方はこちら

ナチュラル紙

ナチュラル系の紙は2色を展開
シンプルなのに存在感のある「グレー」 ナチュラルな雰囲気が魅力の茶系「クラフト」
金箔だけでなく、白箔などの加工もおすすめ
ナチュラルな雰囲気をお楽しみいただけます
大きめアクセサリーをつけられる方に人気の紙です

紙の色 ボール紙/クラフト紙
さらに詳しく見たい方はこちら

カラープラン(モノトーン系)

製紙メーカーから新登場したばかりの「カラープラン紙」。
表面はやや手触り感のある雰囲気ながら、芯はしっかりとした紙。
優しさを持ちながら硬めの紙といった印象。
シックなモノトーンカラーのみを集めてみました。
どれもシンプルで箔押し印刷が映える良い紙色です。

紙の色 カシミヤ/ダークグレー/アッシュグレー/ライトグレー/クールグレー/アイスホワイト
さらに詳しく見たい方はこちら

カラープラン(パステル系)

ファンシーなパステルカラー系の紙色を集めてみました。
淡いカラーに金箔が美しく映えます。
ご要望の多かった淡いブルー(クールブルー)がおすすめです。

紙の色 ピンクベージュ/クールブルー/パウダーグリーン/レモンイエロー/ラベンダー
さらに詳しく見たい方はこちら

カラープラン(ブラウン系)

クラフト紙とは異なる雰囲気のブラウン系の紙。
カラープランならではの優しい表面と、ほどよい硬さの紙は、
アクセサリーをしっかりと固定します。
カラーは3色。薄い茶から濃い茶色までをお楽しみいただけます。

紙の色 キャメル/サンドベージュ/モカブラウン
さらに詳しく見たい方はこちら

アクセサリー台紙を作成する上で重要なのは、紙の厚みです。
ペラペラでなく、ぜひ、しっかりとした厚みのある紙をお使いください。
高級印刷の箔押し印刷で名入れすれば、アクセサリーなどの作品をより高級に魅せることができます。売れる台紙作成のコツはここに有りです。